Products
産地の栽培履歴を
クラウドで一元管理し、
データを次の栽培へ活かす。
生産者側での日々の作業記録と、JA側での栽培履歴のチェックを省力化します。
農薬の適用・混用・使用回数の自動判定、圃場マッピング、作業カレンダーといった利便性の高い機能を実装しています。
集積された栽培データは、戦略的な防除や資材の効果測定に活用することができます。

KOYOMIRU

サービス概要

主な機能

農薬の適用・混用や、薬剤ごと / 有効成分ごとの使用回数が自動判定され、農薬の誤使用を抑止することができます。
農薬データベースは、FAMICのデータに基づいて随時アップデートされます。

Googleマップ上で圃場を作図すると、面積が自動計算されます。圃場をグループ分けして整理することができます。
圃場のアーカイブ機能により、過去の作付データを保管することが可能です。

JAが栽培履歴をチェックする際、農薬の適用・使用回数の判定結果が表示されます。
確認作業を効率化したり、チェックミスを減らすことができます。

  • ワンタッチで栽培履歴を作成

    作物と圃場を選択すると、記録されたデータに基づき、栽培履歴が自動作成されます。

  • 農作業カレンダー

    入力した防除・施肥・作業内容がカレンダーに自動反映されます。年月を指定して作業状況を比較することも可能です。

  • 圃場ごとの肥料計算

    圃場ごとに今作で投下された肥料元素量を確認することができ、肥料設計に役立ちます。

  • 生産者へのお知らせ配信

    FAXや紙で配付していたお知らせを電子化。生産者の既読 / 未読がわかり、重要なお知らせの見落としを防ぎます。

  • クラウドでのデータ蓄積

    栽培履歴の作成・提出・保管をクラウド化。紙のやりとりを無くし、長期間のデータ蓄積を可能とします。

  • データの集計・分析

    作物ごとの作付面積や収穫量を集計したり、資材の利用状況を分析したりすることができます。その他にも、産地のニーズに合わせたデータ活用方法をご提案しています。

期待される効果

  • 生産者

    農薬の誤使用による薬害発生や出荷停止のリスクが低減されます。
    カレンダー機能で進捗管理をしたり、経営体内で作業状況を共有したりすることができます。

  • JA

    栽培履歴のチェックや、農薬の使用に関する問い合わせ対応にかかる時間が削減されます。また、データに基づく営農指導が可能となります。

  • 産地

    圃場ごとの栽培ノウハウを後世へ残し、担い手への農地集約をサポートします。
    コントラクターや集落営農の作業進捗管理にも活用可能です。

よくあるご質問

  • どのようなデバイスで使用できますか?

    スマートフォン、パソコン、タブレットなど、インターネットに接続しているあらゆるデバイスでご利用いただけます。レスポンシブデザイン対応済みです。
    推奨環境は、Google ChromeまたはChromium Edgeです。

  • データベースの農薬、肥料、品種などを、産地ごとにカスタマイズすることは可能ですか?

    可能です。リストをご提出いただき、AGRI SMILEでデータベース構築を行います。

  • 直売所のバーコード発行システムや出荷管理システムと連携させることは可能ですか?

    現在利用されているシステムが、外部システムとのAPI連携またはCSV等でのデータ入力に対応している場合、連携することが可能です。

サービス監修

  • JA晴れの国岡山

Company & Careers

AGRI SMILEには、Internet / Science / Field それぞれにおいて
プロフェッショナルと呼べる人材が集まっています。