まいにち食べるからこそ。

まいにち、何気なく食べるお米。だからこそ、ちょっとだけいいものにしてみませんか。おおげさかもしれないけれど、まいにち食べるお米が少し特別なものになるだけで、いつもの食卓が、日常が、特別な瞬間に変わっていくと私たちは信じています。

オコメEXPRESSは、そんな想いから生まれた、厳選された新鮮なお米をみなさまにお届けするサービスです。

知って得する!お米の正しい保存方法

毎日食べるお米。皆さんのご家庭にも常備されていると思います。毎日食べるものだからこそ、大事になってくるのがお米の保存方法です。正しくお米を保存することで「より長く、美味しい状態」を保つことができます。今回の記事では、お米の保存に関する注意点と保存方法をお伝えします。

 

現在の保存方法をチェックしてみよう!

 

皆さんのご自宅では現在どのようにお米を保存していますか?
以下の項目をチェックしてみてください。

 

  • 直射日光があたる場所、レンジなど熱を発する機器の付近に保管している
  • シンクの下やキッチンの床など湿気の溜まりやすい場所に保管している
  • 米びつにいれているが、米びつの掃除をせずに保管している
  • お米購入時の袋の口を開けて、そのまま保管している
  • 一度に大量に購入して、自宅に保管している

 

お米の保存方法について、上記をチェックしてみてどうでしたか?この中の一つでも当てはまったあなた。要注意です。正しい保存方法にすることで、より美味しくお米を食べることができます。それでは次に、お米の保存において重要な3つのポイントをお伝えします。

 

お米の保存方法に関する3つの重要なポイント

 

お米を保存する上で気をつけたい3つのポイントは、

 

  1. 保存場所
  2. 保存容器
  3. 保存期間

 

です。

 

①保存場所

 

お米の保存場所には、「暗くて、涼しい、湿気の少ない場所」が最適です。お米は、実は高温な場所・湿度の高い場所が苦手なのです。高温・多湿な場所で保存した場合、その環境は、お米の天敵「コクゾウムシ」に好条件となってしまいます。

お米につく虫「コクゾウムシ」は栽培過程の中で米粒の中に卵を産み付け、20度を超えると孵化します。そして、お米を内側から食べ尽くし、他の米粒にも卵を産み付けてしまいます。お米につく虫は「無害」ですが、美味しくお米を食べるためにも、高温・多湿は避けるべきです。

また、湿気の多いところでの保管は、カビの発生にも繋がります。特に夏場は湿気があり、カビが発生しやすくなるので注意が必要です。

そうは言っても、そんな都合のいい場所なんてないと思われる方もいるかと思います。そんな方にオススメしたい保存場所が、「冷蔵庫の野菜室」です。温度・湿度が低く、直射日光も当たらないためお米を一年中快適な状態で守ってくれます。

 

また、冷蔵庫の野菜室に入れておくことで、高温で空気にあたった時に起こりやすいお米の酸化も防止することができ、常温保存の場合の2倍ほどの食味を味わうことができるようになります。

 

 

 

 

冷蔵庫の野菜室にお米を入れておくスペースがない、常温保存するしかない。そんなあなたにオススメの保存方法が、お米を保存している容器に「唐辛子」を入れることです。

常温保存で、20度を超えてしまった場合、お米に虫がついてしまいます。そこで防虫効果がある「唐辛子」が効果を発揮します。唐辛子に含まれる辛味をもたらす成分「カプサイシン」がコクゾウムシの嫌う環境を作り出し、虫よけに貢献するのです。

唐辛子が無い場合は、「にんにく」や「わさび」などを入れることでも防虫対策ができます。それぞれに含まれる「カプサイシン」と同様の成分が虫除けに貢献してくれるのです。しかしあくまでも防虫対策なので、できるだけ高温・多湿を避けて保存してください。

 

 

 

 

②保存容器

 

お米を保存する場所と同様に、お米を保存する容器も大切になってきます。お米は空気にふれることで乾燥し、酸化が進んでしまいます。酸化が進むと、鮮度が落ちてしまうので、空気を遮った状態で保存することが適切です。

そんな中で、お米を保存する容器として一般的なのは「米びつ」です。米びつにはボタンを押すだけで一定量が出てくるものもあり、大変便利に保存することができます。

 

そんな米びつも、掃除をしてない状態で使うとかえってお米の保存にはよくありません。容器に付着した古いぬかやゴミを放置しておくと、そこから虫が発生してしまいます。お米を保存するときは、容器に入っているお米を使い切り、しっかり掃除してから次のお米を入れましょう。

 

 

 

 

米びつが家にない場合、皆さんの周りにあるものを使えば簡単にお米を保存することができます。何を使うかというと、「ペットボトル」です。

 

ペットボトルは蓋をすると、密閉性が高く、お米の酸化を防止する効果を存分に発揮してくれます。また、ペットボトルに入れることによって、冷蔵庫の中に入れる際もその大きさ・形から入れやすくなると思います。ペットボトル500mlでお米3合。1.5Lで9合。2Lで12合とお米の量も簡単に測って保存することができます。ぜひペットボトルでの保存をお試しください。

 

 

 

 

③保存期間

 

お米は重くて、一度に多く購入したほうが楽ですよね?しかしお米にも他の食品と同様に美味しくいただける賞味期限が存在します。

 

精米したお米を常温で保存しておくと、1ヶ月程度から、お米に含まれるデンプンやタンパク質などが炊飯時に分解されにくくなり、炊きあがりの食味に甘みがなくなり、またお米の組織が年月とともに固くなることから炊きあがりに硬さが残ってしまいます。

 

購入量の目安としては、

 

春:購入後「1ヶ月以内」に食べ切れる量
夏:購入後「2~3週間以内」に食べ切れる量
秋:購入後「1ヶ月以内」に食べ切れる量
冬:購入後「2ヶ月以内」に食べ切れる量

 

をこまめに買うようにしましょう。

 

 

 

お米の保存方法をしっかり守って、ひと味・ふた味美味しいお米を!

 

ここまで、お米の保存に大切な3つの重要なポイントについて注意点と、オススメの保存方法を紹介してきました。自宅に常に存在し、毎日何気なく食べているお米も適切な保存方法で保管できているご家庭は少ないのではないかと思います。

 

上のチェック項目に当てはまった方はぜひ、今回説明したお米の正しい保存方法について一度試してみてください。新しいお米の美味しさに気づくことができるかもしれません。

 

また、弊社では産地直送の厳選米の販売もしています。お米の正しい保存方法を学んだ後は、産地直送の新鮮でひと味もふた味も違うお米をぜひ味わってみてください

 

 

--

この記事をシェアする