KEEP IN TOUCH

SERVICE

オンライン学会

オンラインにおける研究者交流と育成を目的とした学会システム

オンライン学会

サービスの特徴

  • ウェブシステムなのでインストール不要で利用可能
  • ポスター・オーラル学会発表を、完全オンライン或いはオンライン&オンサイト形式で開催可能
  • ビデオ通話、チャット機能による双方向コミュニケーションの実現
  • 評価システムを用いた発表へのフィードバック機能による研究者育成の促進
  • ユーザー登録、決済システムの一元管理可能

オンライン学会システムとは

オンライン学会システムとは

参加者(研究者)のメリット

  • ポスター / オーラル発表をオンラインで開催可能

    ポスター / オーラル発表を
    オンラインで開催可能

    ポスター発表では学会開催期間中、ポスター及び説明動画が閲覧できます。オーラル発表ではオンサイトのオーラル発表をWeb上で生配信し、終了後は一定期間アーカイブとして保存できます。

  • オンサイト同様、双方向コミュニケーションを実現

    オンサイト同様、双方向
    コミュニケーションを実現

    チャット形式でのディスカッションに加えて、発表後におけるWeb対面形式の意見交流会により、システム上で完結した双方向のコミュニケーションが実現可能です。

  • 個人の興味関心に沿った効率的な聴講が可能

    個人の興味関心に沿った
    効率的な聴講が可能

    マイページ、お気に入り機能、登録したキーワードに沿ったレコメンド機能により、学会前~開催中~学会後における効率的な情報収集が可能です。

運営者のメリット

  • 会場の雰囲気を感じられるシステム設計

    会場の雰囲気を感じられる
    システム設計

    ページデザインに加えて、意見交流の場における参加者プロフィール表示・ビデオ通話における顔表示を義務付け、対面式学会に近い緊張感を実現しています。

  • 登録から発表に至るまで、運営業務一元化の実現

    登録から発表に至るまで、
    運営業務一元化の実現

    オンライン学会システム上にて、ユーザー/演題登録から決済に掛かる処理や発表資料登録から発表、評価フィードバックまで一元で管理できます。

  • 協賛企業が効果測定可能なデータをご提供

    協賛企業が効果測定可能な
    データをご提供

    効果測定を実施する際に指標となるPV数、UU数などをご提供します。また数字改善のためトップ画面や発表画面へのロゴの掲載、アンケート実施などの機能が備わっています

教育機関のメリット

  • 発表へのフィードバック機能による研究者育成の促進

    発表へのフィードバック機能による研究者育成の促進

    発表に対して、予め指定された評価者は評価軸に沿った点数付け及びコメントを入力します。発表者は評価内容を学会終了後に確認し、自身の振返りに活用できます。

  • 若手研究者が参加しやすい環境を構築

    若手研究者が参加しやすい
    環境を構築

    オーラル / ポスター発表の質問をチャットにて実施できることや発表によってはオンデマンド配信を可能にすることで、初参加の学生にもフレンドリーな設計を意識している

  • 学会に参加するモチベーションの向上

    学会に参加する
    モチベーションの向上

    出席者全員が評価する権利を保有していることで、自分たちも運営に関わっているという実感を感じ、学会への参加意欲が向上する

機能一覧

  • ユーザ登録 (参加者 / 発表者 / 評価者)
    ユーザ登録 (参加者 / 発表者 / 評価者)
  • 演題登録
    演題登録
  • オーラル/ポスター発表の資料登録 (発表者 or 管理者)
    オーラル/ポスター発表の資料登録 (発表者 or 管理者)
  • ユーザ承認 (要旨提出後の発表振り分け)
    ユーザ承認 (要旨提出後の発表振り分け)
  • 発表割り当て (タイムテーブル作成)
    発表割り当て (タイムテーブル作成)
  • シームレスなビデオチャット
    シームレスなビデオチャット
  • ポスター発表
    ポスター発表
  • オーラル発表
    オーラル発表
  • コメント / 返信 / いいね
    コメント / 返信 / いいね
  • お気に入り登録
    お気に入り登録
  • 演題のレコメンド
    演題のレコメンド
  • 演題検索
    演題検索
  • 決済 (クレジットカード/銀行振込)
    決済 (クレジットカード/銀行振込)
  • 発表オンデマンド配信
    発表オンデマンド配信
  • デジタルサイネージ
    デジタルサイネージ
  • 発表評価フィードバック
    発表評価フィードバック
  • 参加属性ごとのお知らせ配信
    参加属性ごとのお知らせ配信
  • 発表へのお問い合わせ
    発表へのお問い合わせ
  • 発表者限定の評価閲覧
    発表者限定の評価閲覧
  • アワード表彰
    アワード表彰
  • ポスター閲覧の最適化
    ポスター閲覧の最適化
  • マイページ
    マイページ
  • 抄録集自動作成
    抄録集自動作成
  • 企業展示
    企業展示
  • 共催セミナー
    共催セミナー

開催予定 (一部のみ掲載)

2020年

  • 筑波大・理科大合同リトリート
  • 日本皮膚免疫アレルギー学会

2021年

  • 日本免疫学会

取引先

  • 日本免疫学会
  • 日本皮膚免疫アレルギー学会
  • 京都大学
  • 筑波大学
  • 東京理科大学

監修

  • 久保允人 教授

    久保允人 教授

  • 鈴木忍 教授

    鈴木忍 教授

  • お問い合わせは
    こちら

久保允人 教授

久保允人 教授

略歴

1991年東京大学大学院・医学系研究科(多田富雄教授)にて医学博士を取得後、トロント大学に続きSyntex Research研究所に留学。日本シンテックス新治リサーチセンター免疫研究所、シンテックス・ロシュ免疫研究所の研究員を経て、1995年より東京理科大学・生命科学研究所・免疫生物学部門、2000年より同助教授。 2003年より理化学研究所・横浜研究所・免疫アレルギー科学総合研究センター・チームリーダー、2009年より東京理科大学・生命医科学研究所・分子病態学研究部門・教授(旧 生命科学研究所・生命工学技術研究部門・教授)。理化学研究所・横浜研究所・免疫アレルギー科学総合研究センター・アレルギーオープンラボ・主幹研究員兼担。

オンライン学会に期待すること

新型コロナのため、対面形式に基づく学会にあり方が従来通りできなくなってしまいました。ただ、これは新しい学会の形態を模索する非常に良い機会とも考えられます。特に、これまでの学会はある意味おごりがあって、その時代のトレンドや流行の人達を集めれば、勝手に聴衆は集まると言う錯覚に陥ってしまい、聴衆に目線を向けた形式ではなかったかもしれません。若い人達が本当の意味で参加したいと思う形態とは、ほど遠い存在になっていたのかもしれません。このオンライン学会が、その距離感を縮める新しい学会の形式をインスパイアーさせてくれることを、心から期待しています。

鈴木忍 教授

鈴木忍 教授

略歴

1994年大阪大学薬学部卒、薬学博士(大阪大学)。カリフォルニア大学サンディエゴ校発ベンチャーであるAurora Biosciences Corporationを経て、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、トロント大学、理化学研究所横浜研究所で分子生物学、免疫学分野での基礎研究に従事。2004年より、日本シェーリング(現バイエル薬品)、日本ベーリンガーインゲルハイム、アッヴィに在籍。企業在籍時は、主に探索研究部門において、国内の大学・研究機関を中心に種々の産学連携活動を展開。2019年より現職。

オンライン学会に期待すること

オンライン学会システムは、Now Normal 時代が求める学術集会のためのオンラインシステムです。オンラインでありながら、ビデオ通話やチャット機能などを効果的に組み合わせてあることで、オンサイト以上の効果が見込めます。評価システムも組み込まれているため、発表者へのフィードバックによる若手研究者の育成及びモチベーションの向上が大いに期待できます。このシステムにより国内外の様々な研究交流活動がさらに活性化することが大いに期待されます。

お問い合わせ